日焼け止めの選び方や使う時の注意点

種類ごとの特徴を知る

日焼け止めを選ぶ時には、その種類に注目しなくてはいけません。日焼け止めには液体タイプ、パウダータイプ、スプレータイプ、シートタイプなどいくつかの種類があります。それぞれに使いやすい場面がありますから、それぞれのタイプごとにどういった場面が使いやすいのかを知っておくと選ぶ時に便利となるでしょう。

液体タイプはもっともポピュラーなタイプで、保湿成分が配合されている事も多くさまざまな場面で使う事ができます。下地を兼ねている商品もありますから、メイクをする際に併せて使える物もあるので場面を問わず使いやすいでしょう。パウダータイプはメイクの上から使用する事が可能なため、急な外出などで日焼け対策をしなくてならなくなった時や、外出先で日焼け対策をする時に役立ってくれます。持ち歩きやすい物も多いですから、旅行などにも持っていきやすく便利なのではないでしょうか。

スプレータイプの特徴は、手の届かない背中などにも簡単に塗る事ができますし、髪や頭皮に使う事ができるものもあるため、レジャーなど外出先での日焼け対策としておすすめです。特に海など日焼け対策をする面積が大きくなる場面で重宝するでしょう。シートタイプは持ち運びやすく、手間をかけずに広範囲の日焼け止め対策が行えるので子供などに使う場合におすすめです。ただ、長時間効果が持続するタイプではないので、短時間の外出などの際に使う方が良いでしょう。